Nikaya LP Jap [pdf]

Past Present Future [03:04]

皆様方へ

すでにご存知の方々もいらっしゃる通り、ニカヤは来年、2013年の1月〜2月にかけて、レコーディングの為、スタジオに入ります。 プロデューサー、またスタジオエンジニアとしては、アインシュツルテンデ・ノイバウテンや、デュアク・フォン・ロフツォウ(トコトロニック)で知られる、また、自身のプロジェクト、アオトマート(Automat)を手がけている、ボリス・ヴィルスドーフ(anderebaustelle.com)を迎え、LP をリリースする事になりました。

読んでの通りの、アナログ LP! 時を遡り、もしくは、時を超え、これは親のレコードプレーヤーを奪ってでも、再度堪能したい、そんなタイムレスのメディアではあります。 古い機械の上に積もるホコリは吹き去り、今一度、そんな古き良きメディアで、新しいモノを経験する時期なのではないか、と、制作、リリースされる新作アルバムです。

そんな、ニカヤのデビューCD、「Everyone Needs A Peaceful Light」のジャケットを手がけ、バンド・ロゴのクリエーターでもある、ロジャー・フランク(rfgrafik.com)が今回も LP のデザインを担当。 ただ、それが彼の作品として、どういった方向性に行くのかに関しては、バンドのマネージャーである、イリアも多くは語らず。 「ちょっとしたアート作品を、壁に飾ってみようかな、と、少なくとも、そう思わせる様な代物にはなるだろう」と、一言。

ヴィニールで堪能出来る音楽、また、アート作品としてのスリーヴ、そして、ポータブルな MP 3 といった商品を、揃えているつもりではあります。

今回の制作・リリースにあたっては、ベルリンのミュージシャンであり、DJ としても活躍している、スティーヴ・モレル(Head of pale-music.com)を迎える事を可能とし、彼の広範囲に渡るコネクション先となるべく、ロンドンや、マドリッド、プラハ、そしてドレスデン等を通じて、それらの各ラジオ局や、ジャーナリスト達、そしてイベントの数々を通しては、このアルバムが紹介されていく事は間違いありません。

さて、そんな中には、こういったアルバム制作過程に関して、質問がある人だってあるかも分かりません。

現在の様にインターネット上で様々な音楽を模索する事が可能な中、わざわざ昨今のレコード会社がレコードの制作にお金を出すとも思えない。そんな中、ニカヤみたいなバンドは、制作費用をどこから出しているのか、等々。

いかなるバンドでもそうである様に、また、それにおいては、ニカヤも例外ではなく、自分達がつくった作品を、あなた方と共有する事が大切である、と思っているので、出来る限りの大半を、自分達でまかなう事にしています。 ただ、多くのファンの人達や、友達の協力が欠かせない事も、実に確かでもあります。

そんな今回、ニカヤをサポートしてくれている人達に向けて、感謝の気持ちを込め、新作アナログ LP (限定500枚)を、他より早く、12ユーロで発売する事にしました。

これも故に、みんなのお陰があってこその制作、よっての作品、またそれを、そういった人々と、他より早く共有する事によって、楽しみも、喜びも増すものではないか、との考えがあっての事です。

新譜ご注文の際は、下記の銀行口座宛、銀行振込でよろしくお願い致します。お振込の際、注釈として、「LP NIKAYA 2013 Buying」と書く事をお忘れなく。
また、商品お受け取りご住所は、 kontakt@nikaya.org 宛まで、別個にお知らせ下さい。その際、ベルリン、ブランデンブルグ(アン デア ハーフェル)、もしくは、モンテヴィデオにて、直接お受け取りご希望の場合も、メールにて、お知らせ下さい。それでは、今後もよろしく!

Account holder: NIKAYA
Bank name: Commerzbank
Bank code: 100 400 00
Account number: 13 48 408
BIC/ SWIFT: COBADEFFXXX
IBAN: DE58 1004 0000 0134 8408 00
Subject: LP Nikaya Buying 2013

Japanese [translated by Yoko Koyanagi Roelofs]